Language

筑波大学大学院に留学した ミャンマー人の       日本滞在体験記

コロナ禍でのミャンマー人特定技能・技能実習生入国前の問題 その2

ミャンマー 、 文化

コロナの影響で日本へ働きに行けないままの人がどんどん増加しています。日本政府はミャンマーに対して入国制限をしなかったのに、なぜ多くの労働者が足止めを食っているか、制度的な説明をしたいと思います。

目次

1.スマートカード 

2.求人状況 

3.日本側の問題 

4. まとめ

1.スマートカード

           海外に行って技能実習生か特定技能として働く人は、ミャンマー労働省が発行するスマートカードというものを受け取る必要があります。スマートカードは海外で働いている時にパスポートを失くしたときや、雇用主から不当な扱いを受けたときなど何か困った時に使うカードです。

  そのカードをもらうためにはミャンマー労働省へ行ってsmart card  training class(スマートカード トレーニングクラス)という研修を受ける必要があります。研修を受けられる人は日本政府の発行したCOE(在留資格認定証明書)を提出する必要があります。したがってCOE(在留資格認定証明書)が発行されたあと、ビザ申請前にこの研修を受けることになります。

  でもコロナ第一波の時にはこの研修が一回しか開催されず、申込者全員が研修を受けることができませんでした。ミャンマーは日本と違って厳戒例が発出されると家の外を出歩くことができなくなるからです。

  コロナ第二波の時にはオンラインで研修が始まりましたが、オンラインでも参加できる人は本当に少ないので、多くの人が対面の研修を待っている状態です。

  COE(在留資格認定証明書)が発行されたのに、日本に行けない人が多いのは、このスマートカードをもらうのを待っている人が多いためです。研修は順番に行われるので長い時間かかっても受けられず困るという声も沢山聞いています。

  ちなみに、海外で技能実習生や特定技能の労働者が雇用主から不当な扱いを受けた場合、MOEAF(ミャンマー海外労働者連盟)という政府系の組織にホットラインで連絡することになります。その通報を受けた機関は、送り出し機関に連絡し、さらに日本の受け入れをした監理組合や登録支援機関に連絡が行くそうです。日本における技能実習生の不当な扱いが大きな問題になっているため、ミャンマー政府が自国民保護のために取っている措置です。また、日本で働くミャンマー人のコミュニティーフェースブックMel Shwet Pyaungというページでも問合せができます。ミャンマー人社会のSNSコミュニティーはとても強いです。

2.求人状況

  コロナ第二波の時には日本から農業、食品工場、介護、建設分野で求人が多かったです。しかし以前に比べ、コロナになってから高い日本語レベルを要求するようになりました。以前は介護の仕事はN4合格の人なら大勢就職できましたが、コロナになってから面接で話すことがうまくない人は不合格になったそうです。競争力が激しくなり勉強しない人には日本で仕事を得ることがますます難しくなっているそうです。

  コロナで日本でも仕事が減っているそうです。ですからSNSで出る求人情報は嘘なことがあり、求人が減り競争が激しくなっているので、嘘の内定書を出してお金をだまし取る事件が発生しています。ですから、求人情報がでても、人々は懐疑的になっています。

3.日本側での問題

  先月、日本はGoToキャンペーンでホテルの仕事が一時回復し、あるミャンマー人実習生がホテルの仕事で日本へいったそうです。しかし一ヶ月後にそのホテルは長期休業をすることになり、他のホテルに転勤させられたそうです。

  また実習生としビル清掃の仕事で来日した人たちは一週間に三日か四日ぐらいしか仕事がないので給料がさらに少なくなって困っていると、ミャンマーの送り出し機関に相談があったそうです。

  空港の仕事でCOE(在留資格認定証明書) を発行してもらった人たちは、空港会社自体に仕事がなくなり招聘を断ったそうです。実習生は送り出し機関にお金を払ったのに、就職がキャンセルされ大問題になりました。

  日本のレストランも仕事がなくなってしまったのでミャンマーでレストランの特定技能試験に合格した人たちには仕事がありません。

4.まとめ

  コロナが始まった時にヤンゴンにいた日本を目指す人々は、現在地元に帰っています。しかし日本に行ける状況になったら、わざわざビザ申請にヤンゴンに来なくてはなりませんが、コロナのために移動は簡単ではありません。日本は今後入国制限をしないようにみんな祈っています。

  コロナでつくづく感じたのですが、ミャンマーにいる日本語で生活する人々は日本のビジネスと100%関係がります。日本のビジネスが良くなかったらミャンマーも困ります。日本がくしゃみをすると、ミャンマー人は風邪をひきます。

著者 テッテアウン

ハーバーツ株式会社

ビジネスを次のレベルに引き上げる

Share via
Copy link
Powered by Social Snap