tokyo, skyline, japan

ミャンマー人はなぜ日本で働きたいのでしょうか? (1)

筑波大学大学院に留学したミャンマー人の日本滞在体験記 ミャンマーから海外に行って働く「移民労働者」が多くいます。昔はシンガポール、マレーシア、タイに行って働く人が多く、ミャンマーに戻る人もいるし、ミャンマーに戻らずにずっと働いている国に住んでいる人もいるし、次に働く国を変えて働き続ける人もいます。 日本での就職を希望するミャンマー人に対して実施される就職活動面接で、『なぜ他の国ではなくて日本で働きたいですか』とよく質問されます。ミャンマー人の多くは、「日本は技術力が高い国なので、その技術力を学びたい」と答えました。 今回は、女性のミャンマー人実習生が日本で働きたいと思う理由を紹介します。 目次 1. ミャンマー人の海外就職状況 2.ミャンマーの女性が日本で働きたい理由 3.まとめ ミャンマー人の海外就職状況 20年ほど前、私が高校生の頃はミャンマーから海外に行って働く人は多くありませんでした。例えば土木工学者とか建築業者だったらシンガポールで働けるのは知っていましたが、それ以外の国の状況はわかりませんでした。私が日本語の勉強を始めた時も、日本の大学に留学する以外に日本へ行く方法を知りませんでした。 15年前、私が大学を卒業したころは、海外で仕事をするためには事前に約1年間、語学を学んだり、仕事に関連するトレーニングを受けなければなりませんでした。知り合いの一人はシンガポール、一人は韓国、もう一人はマレーシアで働くために、語学の習得やトレーニングに励んでいました。その頃のミャンマー人たちは、日本で実習生として働ける制度がある事を知らなかったと思います。私も日本の大学で勉強していた2012年、高校生からの友達が埼玉県にあるインスタントラーメン工場で実習生として働いているのを知りました。その時初めてミャンマー人が実習生として日本で働けることを知りました。2015年ぐらいまでは、ミャンマーの日本語学校で学び、日本に来て再び日本語学校で学んだあとに日本で大学や専門学校に進学する人達はいましたが、日本で働けることはミャンマーではあまり知られていませんでした。そのような情報は口コミで広がることが多いのですが、そのころ日本で仕事をたことのあるミャンマー人はほとんどいなかったので、日本の状況はわかりませんでした。               ミャンマーの南側はタイとの国境に近いので、その辺りからはタイに行って働く人が以前は多くいました。送り出し機関を通していった人もいるし、親族に呼ばれて行った人もいます。 2.ミャンマーの女性が日本で働きたい理由            私の知り合いはシンガポールで働いた後、日本で実習生として働きました。彼女は日本が他の国より安全な国だし、給料も他の国より高いのでシンガポールから戻ってから日本に行くために日本語を勉強しトレーニングを受けました。シンガポールに行った時は日本に行ける事をまだ知らなかったそうです。               マレーシアの電気製品工場で働いていた友達も2017年に日本に来ました。彼女は、今、特定技能としてレストランで働いています。日本はマレーシアよりお金を稼げるし、経験を積めるし、女性にとって、日本はとても安全な場所だといいました。               もう一人の女性は、マレーシアは女性にとって安全な国ではないし、シンガポールとタイの仕事はホームヘルパーの仕事(家事や育児の手伝い)が多いので働きたくないといいました。マレーシアではミャンマー人が殺されたり、タイではミャンマー人女性が強姦されたりと言うニュースをたまに聞いて、怖かったそうです。日本では友達も働いているので日本を選んだそうです。 3.まとめ            現在でもタイとマレーシアで働いているミャンマー人は日本で働くミャンマー人よりもずっと多いと思います。やってはいけないことですが、地続きなので国境線を超えて不法入国して働く人もいるようです。また、女性に関して言えば、日本で実習生として働く女性は、日本が他の国より安全で清潔であり、給料も高いので海外の働き先として日本を選ぶのだと思います。